Musicolore-ミュジコロールについて

一人一人の持ち味を大切に育てる音楽教室

池村 京子 Kyoko IKEMURA

ミュジコロール代表、ピアノ、ソルフェージュ

【モットー】 「やる気」を引き出して、最大限のパフォーマンス!
上手くなりたい、こんな曲が弾いてみたい、などモチベーションを上げるきっかけを見つけて、発表会やイベントで生徒さんの最大限のパフォーマンスを引き出せるように指導しています。発表会でのトロフィー表彰やお母様との連弾など、目先の目標を設定しています。
【指導歴】 フランスと日本で通算14年。これまでに日本人、フランス人、日仏ハーフ、ベトナム人、マダガスカル人etc.様々な国籍の3歳から60歳代までの100名以上を指導してきました。
【好きなこと】 9年前から続けているヨガで体を動かしたり心をコントロールする時間が気分転換。食べ歩き。

経歴 第42回全日本学生音楽コンクールピアノ部門全国大会第1位受賞。桐朋女子高等学校音楽科を卒業と同時に18歳で単身渡仏。マルセイユ音楽院、パリ国立高等音楽院、ジュネーブ州立音楽院ソリスト・ディプロマコースを卒業。2009年より東京に拠点を移し、王子ホール、津田ホールでピアノリサイタルを行う他、カルチャーサロンなど気軽にクラシック音楽に親しめるコンサートシリーズを展開。2010年に音楽教室の運営と演奏会企画制作を目的としたStudio Musicolore(ミュジコロール)を立ち上げる。渋谷区の白寿ホールにて「日曜午後のラグジュアリーなコンサート」シリーズを毎年開催。ピアニスト5人組ユニット「パリ5人組」メンバーとしても活動。調布FMにおいてラジオ・パーソナリティも務める。これまでに、鷲見加寿子、中島和彦、ジャック・ルヴィエ、パスカル・ドヴァイヨンの各氏にピアノを師事。


加藤 えりな Erina KATO

ヴァイオリン、アンサンブル

【モットー】 音楽(ヴァイオリン)を楽しく続けられることを第一に、各々の生徒さんの目的に応じてアドバイスしています。また、生徒さんの個性を生かすように心がけています。
【指導歴】 プライベートで15年程度。ミュジコロールでは2011年から、幼稚園生〜大人の方まで指導しています。
【好きなこと】 軽いスポーツ、散歩。

経歴 東京芸術大学音楽学部付属音楽高等学校卒業。同大学入学後、パリへ留学。パリ国立音楽院、及びイヴリー・ギトリス氏のもとで学ぶ。ヴァイオリン、室内楽(ピアノとデュオ)ともにプルミエ・プリを得て同音楽院を卒業。モーツァルテウム・サマーフェスティヴァルでグランプリ、ザルツブルグ州知事賞受賞。ヴィエニアフスキ(ジュニア)国際コンクール、
シュポア国際コンクール、リピツァ国際コンクール等で入賞及び特別賞受賞。ロン・ティボー国際コンクールでセミファイナリスト。ラ・フォル・ジュルネ音楽祭、軽井沢八月祭、東京・春・音楽祭、幕張美浜音楽祭、NHK-FM名曲リサイタル、ラジオフランス(仏)、ラジオ多摩、フラワーラジオ、RKB毎日(テレビ)等に出演。
現在ソロ、室内楽、オーケストラなどで演奏活動を行う他、東京藝術大学で非常勤講師を務める。芸大フィルハーモニア管弦楽団、横浜シンフォニエッタ、プレシャスカルテットメンバー。


photo@Shigeto Imura
本橋 はる子 Haruko MOTOHASHI

ヴァイオリン、英語でヴァイオリンレッスン、アンサンブル

【モットー】 時間をかけてじっくり生徒と向き合います!
生徒に自分で考える力を付けてもらうために、自分の言葉で説明する事を大切にしています。レッスンに付き添えない親御さんとはレッスンノートでコミュニケーションを取り、お互いに不安にならないよう細やかな指導を致します!
【指導歴】 指導歴約10年。イギリス ロンドン私立小学校、幼稚園や地域センターにてヴァイオリン講師を務め、帰国後はミュジコロールにて生徒指導にあたる。
【好きなこと】 趣味はパン作り、和菓子作り。演奏家は基礎体力、持久力が大切なため、運動も欠かしません、何をしているかは…ご想像にお任せします!

経歴 東京藝術大学音楽学部卒業、同年に渡英。 国内では、YBP国際コンクールシニア部門優勝、和歌山コンクール優勝。 英国においては、2005年、王立音楽院の演奏家ディプロマコース終了、ディプロマ並びに終了演奏成績優秀によりDipRAM賞を合わせて受賞。 2007年、ロンドン大学で現代音楽を専攻し、修士を取得。2012年、王立音楽大学より理学修士を取得(指導教授A・ウィリアモン)。 イザイとバッハの無伴奏曲、およびピアニスト西山雅千氏とエルガー/プロコフィエフのCDをリリース。2013年、10年に渡るイギリスでの音楽活動を終えて帰国。現在はソロ、室内楽の他、全国のオーケストラにて客演など多方面で活動。


鷲見 恵理子 Eriko SUMI

ヴァイオリン、英語でヴァイオリンレッスン、アンサンブル

【モットー】 欧米での留学経験や演奏活動を基に、伝統的で合理的なメソードを指導します!生徒さんの年齢やご要望に応じながら、音楽芸術の持つ意味や尊さをお伝えできるように心掛けています。
【指導歴】 首都圏の音楽教室での指導にあたる他、日本各地でマスタークラスを行なっています。日本語、英語の他、イタリア語でもレッスンできます。
【好きなこと】 料理、ダンス
ある日、居酒屋鳥貴族でのバイトを思い立ち、音楽活動のプロフィールを持参して面説を受けたところ見事合格。仕込みのバイトを9ヶ月間務めました。それがきっかけでテレビ番組「激レアさんを連れてきた!」に出演して好評を博す。その他ダンス全般が好きで、今年はラテンダンスが踊れる様になりたいです!!

経歴 祖父鷲見三郎氏及び両親もヴァイオリニストという名門一家に生まれ育つ。ジュリアード音楽院にてD・デイレイに師事。ニューヨーク・カーネギー・ホールにてデビューリサイタルを行う。ミケランジェロ・アバド国際コンクール優勝。ミラノ・G・ヴェルデイ国立音楽院大ホールにてオーケストラ・アカデミア・デレ・オペレとパガニーニの協奏曲第一番を共演。ミラノにてトレッタ賞受賞。R・ムーテイ音楽監督のイタリア・デイノ・チャーニ音楽祭に出演。ミラノの王宮にてパガニーニの奇想曲24曲全曲演奏会を行い、同プログラムで国内ツアーを行った。日本で伝説的ヴァイオリニスト、イーブリー・ギトリス、ロビー・ラカトシュと共演。2011年鳥取ふるさと大使に就任。ミケランジェロ・アバド国際コンクール、クラシック音楽コンクールで審査員を務める。


石塚 彩子 Ayako ISHIZUKA

ピアノ、英語でピアノレッスン、ソルフェージュ

【モットー】 丁寧に教えます
レッスンその場で、できるようになった!という小さな成功体験を積み重ねていけるような指導を心掛けています
【指導歴】 10年以上
首都圏の音楽教室で5歳~65歳までの生徒を指導
【好きなこと】 趣味は読書、美術展鑑賞など
好きな食べ物はイタリアン、中華など

経歴 東京生まれ。2歳から10歳までを米国ニュージャージー州で過ごす。3歳より現地でピアノを始め、9歳のときニューヨークのスタインウェイ・ホールでリサイタルを行う。高校を卒業後、スイス・ジュネーヴ高等音楽院に留学。ソリスト、ピアノ伴奏法、音楽教育学の三つの修士課程でディプロマを取得。 これまでにジュネーヴ高等音楽院・学生オーケストラ、Filarmonica Piteşti Orchestra(ルーマニア)、Vidin State Philharmonic Orchestra(ブルガリア)とそれぞれサンサーンス、ラフマニノフ、チャイコフスキーのピアノ協奏曲を共演。 また、ジュネーヴ音楽祭に出演、その演奏がラジオ・スイスロマンドで放送される。ジュネーヴ市内のインターナショナル・スクールでは、三年間ピアノの指導も行う。 帰国後、サントリーホール室内楽アカデミーの第2期フェロー。サントリーホール・チェンバーミュージック・ガーデン、とやま室内楽フェスティバル等にも出演。現在、ソロ、伴奏、室内楽の演奏活動のほか、ピアノ講師としても多方面で活躍。



音楽教室Musicolore-ミュジコロールとは

音楽教室Musicolore-ミュジコロール-は2010年10月10日に目黒区駒場にて開講以来、生徒の皆様と共に発展を遂げ、現在はピアノ、ヴァイオリン、ソルフェージュ、アンサンブルのレッスンをピアノ講師3名とヴァイオリン講師3名の計6名で指導しております。
musicolore(ミュジコロール)とは、フランス語のmusique<音楽>とcouleur<色彩/特色>という2つのキーワードを合わせたオリジナルな名前です。一人一人の持ち味を大切にすることで、音楽と自然に親しみ楽器を奏でて欲しいという想いで名付けました。
年に一回の発表会や、生徒の皆様と講師が一緒に作るコンサートなどのイベントを開いて交流を深めることで、音楽を中心に広がるコミュニティの創出を目指しています。


Point01
指導歴10年以上の経験豊富な講師陣

日本及びヨーロッパ諸国、アメリカなど海外において演奏活動歴や指導歴が豊富な講師が、ヨーロッパで受け継がれる伝統的な音楽と奏法の基礎を教えます。



Point02
目的に合わせてレッスンをオーダーメイド

学業やお仕事が忙しい時期はレッスンのペースを緩めたり、反対にコンクールや受験前はピッチをあげるなど、状況に応じてレッスンの回数や時間をお選び頂けます。



Point03
振替レッスン可能

前日までにお休みのご連絡を頂ければ、振替レッスンを受けることができます。



入会までの流れを教えて下さい!
  1. まず、お問合せフォームからご希望のクラス(ピアノ、ヴァイオリン、など)と、お名前やメールなどご連絡先をご明記の上、送信して下さい。レッスンに通える候補日や時間帯などもいくつか書いて頂けるとスムーズです。
  2. こちらからご返信を致します。体験レッスンの日程を決定。
  3. 体験レッスンは30分間。初心者の方にはこちらで教材など用意致します。経験者の方は、ご使用されている(いた)楽譜などをお持ち下さい。
  4. 30分のレッスンの後、楽器を習う目的、目標やご希望を聞かせて頂き、使用する教材や今後のレッスンの進め方などカリキュラムをご提案させて頂きます。
  5. ご入会の場合は入会手続きへ
何歳から楽器を習い始められますか?
音楽の分野では、始める年齢に制限はありません。
先生の方は年齢に合わせたメソードで教えられるので、むしろ生徒さんのモチベーションや成熟度によるところです。
一般的に6歳未満の場合は導入として、ピアノを使った幼児音楽を学ぶと良いと思います。もちろん6歳未満でもすぐにピアノを習い始めることは可能ですが、多少リスクがあります。例えば、音楽の基礎が身についていない段階でピアノに向かっても、楽譜を読むことができず、なかなか進まないことにイライラしてしまいます。また、後になって譜読みに対して苦手意識を引きずってしまうこともあります。ピアノを弾くことを習い始める理想的な年齢は6,7歳ですが、それ以降大人になってからでも、もちろん全く問題ありません。その場合は大抵、基礎の部分は短期間で習得できるケースが多いようです。
その後の進度はそれぞれのモチベーションや練習時間により個人差があります。
ピアノやヴァイオリンを習うには「才能」が必要ですか?
音楽には様々な能力が求められます。
感受性、良い耳、集中力、記憶力、運動神経、忍耐力、計算力、教養・・・それらすべてを持ち合わせている人間はごくごく僅かです。 着実に上達するには、まず始めに得意な分野の曲で長所を伸ばすことに力を入れます。そして次第に、不得手とする部分を発展させていきます。もちろん、神様はすべての人に平等に能力を与えているわけではないので、個人差があります。あるレベルに達するのに、要領良く短期間で到達する人もいれば他の人より多くの時間が必要な人もいます。それでも、どれだけ伸びるかはその人の「練習の質」にかかっています。あまり才能がなさそうに見える人でも質の高い練習を続けていけば才能はあるけれど練習が嫌いな人より上へ行くこともできるのです。
親としては子供にピアノを弾けるようになって欲しいと望んでいるが子供の方はあまりモチベーションがなさそうです。そういう場合でも、一度習わせて見るべきですか?
ピアノやヴァイオリンなど楽器演奏を上達させる為には、モチベーションを持つことがとても大切です。ただ、子供の場合そのモチベーションが良くも悪くも変動しやすいのも事実です。これまでピアノやその他の楽器を習ったことがないと、楽器を習うことが一体何を意味するのかをまだ知りません。1回目のレッスンでは、楽器を習うにはどのくらい練習したり努力する必要があるのか、また続けていくとどのくらい弾けるようになるのかをお話します。そうすることによって、ピアノに対して抱いていた悪い先入観を取り除いてあげることができます。それでもはっきり「嫌だ」という意思を見せる場合は、無理強いをせず、いつか自分からやってみようかなという気持ちになるのを待つ方が良いでしょう。そして最後に、もしご両親がかつて若い頃に楽器を習った経験がある場合、ご自身の苦い思い出や後悔、そして不幸な経験はあまり子供に語らない方が良さそうです。音楽に対して余計な警戒心や躊躇いを与えてしまうリスクがあるからです。
ソルフェージュは絶対に学ぶ必須項目ですか?
絶対か、と訊かれれば「いいえ」ですけれど、楽器を習得したい方にはソルフェージュ能力を鍛えることを強くお薦めします。楽譜に記されていることは、本に例えれば言葉のようなものです。世の中には楽譜を読めなくても才能を発揮して活躍しているミュージシャンもいるでしょう。しかし譜読みの力がついていないと、たくさんのレパートリーを弾きこなすことができなかったり、音楽仲間同士でのコミュニケーションにおいても問題が生じてしまいます。ソルフェージュは、どんなジャンルの音楽にも共通した知識なので、将来的にも非常に役に立ちます。読譜ができれば、新しい曲を弾く時にCDや先生が弾くお手本を一音一音真似する・・・という気の遠くなるような作業も必要あません。
一回のレッスン時間はどのくらいですか?
生徒さんの目的や年齢によって異なりますが、幼児から小学生の場合、30分から45分くらいが良さそうです。集中力の持続時間を考えると、あまりだらだらと長くひっぱっることは意味がありません。小学校高学年から大人の方でしたら、レベルや家で個人練習をどのくらいできるかによって45分から90分くらいです。
レッスン以外でも練習した方が良いですか?
また、上達するにはどのくらいの練習量が必要ですか?
音楽は芸術であると同時にスポーツ的な面もあり、楽器演奏にはメンタルと身体の両方を求められます。どんなに才能がある人でも、その両方をものにしないことには本当の意味での上達にはつながりません。家での練習をしないと、いつまでたっても苦手な手の動きや弾けない部分を克服できないので、段々とフラストレーションが溜まり「楽器を弾く喜び」を得るどころではなくなってしまいます。練習をしなくてもレッスンに通うだけで弾けるようになる、という考えは幻想だと思って下さい。
では、どのくらい練習すれば上達するのでしょうか?
肝心なのは、1回の時間よりも毎日規則的に練習することです。気が向いた時に1時間練習するよりは、「毎日15分」の方が効果的です。特に小さいうちは長時間の練習を押しつけるとピアノやヴァイオリン自体を嫌いになってしまうので、規則的に集中して練習しているかを見守ってあげることが大切です。

上記以外でもご質問ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

■住所
〒153-0041
東京都目黒区駒場1-16-2
アヴェニュー松見坂
Tel&Fax 03-6407-8384
E-mail:musicolore@gmail.com

■アクセス
●田園都市線直通地下鉄半蔵門線 「池尻大橋」下車徒歩9分
●京王井の頭線「駒場東大前」下車徒歩7分
●半蔵門線、山手線、銀座線、副都心線、埼京線、東横線、井の頭線「渋谷」からバス「若林折り返し所」行きに乗り三つ目「松見坂下」下車