生徒さんの活躍

On 2018年8月26日, in ヴァイオリン教室, by admin

夏休みはあと僅かなのに厳しい残暑がまだまだ続き、ついダラダラと生活している中、昨日はとても素晴らしいニュースが届きました!

7月21日に松濤サロンコンサートで演奏したヴァイオリンの加藤弘之さん(筑波大付属駒場中学3年)が全日本ジュニアクラシック音楽コンクール中学生の部全国大会で「第1位」を受賞されたそうです。

おめでとうございます!!

加藤さんは一年半ほど前から鷲見恵理子先生のクラスで指導を受けています。プレパコースと言って、普通よりレッスンの時間や回数が多く、内容もより濃い専門的な音楽の勉強を目的とした特別なコースを受講されています。恵理子先生に習い始めた頃は、一時間半のレッスンが基礎的な修正で終わっていたりして、隣の部屋で音を聞きながら「これは忍耐力の勝負だなぁ」と感心&応援していたこともあり、ニュースを聞いて嬉しくて涙が出ました。

中学3年生ということで、学業との両立が課題となってくる時期ではありますが、音楽に情熱を傾け、上達すべく邁進する姿は本当に素敵です。本人の素質と努力、そして的確な恵理子先生の指導があってのことですね。この夏のコンクールはまだまだ続くそうなので、ぜひ引き続き頑張って欲しいです!

 

(お写真は7月21日に松濤サロンで開いたコンサートでの一コマ。左からこの日駆けつけてくださったヴァイオリンの本橋先生、加藤弘之さん、ピアノの保井祐理さんと)

 

 

Comments are closed.