発表会プログラム

On 2012年2月24日, in ピアノ教室, by admin

今年はインフルエンザ大流行、その上この寒波で厳しい冬真っ只中ですね。発表会前なので生徒さん達の間で風邪が流行らないかと心配していますが、皆さま元気に通って来られていて、今のところセーフです(^_-)

 

さて、発表会のプログラムが刷り上がりました。まだお席に余裕があるので、お友達やご親戚を是非お誘い下さい♪ 今週末には子ども達の合同練習が、来週末はおとなクラスの合同練習が予定されています。自分の家で一人で弾いてる時はみんな名ピアニスト、でも人前に出ると‘まさか’のアクシデントが( ̄◇ ̄;)なんて、よくあることです。本番前に、一度は人前で、緊張感漂う空気の中で弾いておくことはとても大切です。

 

合同練習の時に心がけて欲しいことは、「なんでも大袈裟に表現する」ことです。 感情の動きや、強弱や音色による表情といった、曲を通して「表現したいこと」は自分が調度良いだろう、と感じるジャストなレベルを狙うと、大抵の場合聴き手には物足りなく感じるものです。その加減は難しいところですが、大袈裟でやり過ぎたパターンの「はみ出した部分を削る」方が、ないものや足りないものを引っ張り出す作業よりも楽なのです。普段の緻密な練習とは違う、ハッタリの効いた「本番力」をつけることも心がけていきましょう。 合同練習の様子はビデオに撮って、生徒さんのために限定公開する予定です。

 

危ない部分を確認したり、やるべきことができているかチェックすると同時に、自分の演奏している姿を客観的に観て、どれくらいアピールできているか見てみるとよくわかると思います。 あと一息、手洗いうがいをしつつ、がんばりましょうね!!

20120312-185657.jpg

Comments are closed.